オウンドメディア事例 ECサイトの構築

オウンドメディア構築を思い立ったが吉日?PC素人が無謀にもネットビジネスに取り組んでいく備忘録

オウンドメディア・WEBマーケティング・中古ドメイン・サテライトサイト・Webライティング・コピーライティング・Webデザイン・フォトショップ・イラストレーター・SEO・モール型EC・ウェルカートEC・ワードプレス(WP)・IP分散・はてなブログ・内部リンク・外部リンク・SNS・YouTube・動画編集・画像処理・LP・メルマガ・リンクベイトページ・セリングページ・アフィリエイト・アクセス解析・キーワード選定・Html

Googleサジェストキーワードを取得してコンテンツを作ってみる

 f:id:sugitacoffee:20181018222519p:plain

皆さん、記事を作る時のタイトル付け、どうしてます?

 

テケトーに想像して、好きなようにつけてます?

 

実は、SEOの70%はタイトルの付け方に掛かっていると言っても過言ではありません。

 

という事で、Googleサジェストを例にとって、効果的にしかも素早く検索上位に上げることができるタイトル付けの方法をお伝えしようと思います。(^_-)-☆

 

検索ユーザーの7割は決まったキーワードで調べる

 

まずGoogleサジェストのページを開いてみましょうか。下記のリンクからキーワードを取得できます。

 

キーワードツール・サジェストでキーワード候補を取得

 

で、今日はサンプルとして、「玉露」というキーワードを例にとって説明したいと思います。

 

という事で、Googleサジェストにチェックして玉露を入力して”GO”すると下図のように抽出されました。

 

f:id:sugitacoffee:20181018223627j:plain

ユーザーはこんなキーワードで検索している

 

玉露に関して調べ物をしたい人は、上図の様なキーワードで調べているわけです。

 

しかも7割もの人たちがです。

 

残り3割の人はユニークユーザーといって、わたしたちが思いもしないキーワードで「玉露」に関して調べ物をするわけです。

 

しかし、7割の人が上図のキーワードで調べているわけですから、わたしたちが「玉露」に関するブログや、商品をネット上で付ける場合は、上のキーワードを使って付けなければなりません。

 

これは基本中の基本ですが、意外と分かっていない人が多いんですよね。

 

ユーザーがいないキーワードでいくら記事を量産しても、誰も見ないし。

 

紙の上のキャッチコピーとかなら、好きな複合文字を使えばいいですが、WEBマーケティング用にWEBライティングするなら、上記のような検索ユーザーが確実に存在するキーワードでタイトル付けをすることは、常識の範囲内と思って差し支えないです。

 

検索ユーザーの疑問に全身全霊で答えるべし

 

次に、実際のブログ記事や、商品名の付け方です。

 

まず、あなたが書こうと思っている記事ですが、上図の中から一番近い複合キーワード(出来れば3語)を選びます。

 

自分が書きたいものを最優先するのではなく、どっちかというと、キーワードが示している複合ワードの中で、自分が書ける記事はどれか?を探してコンテンツにするわけです。

 

貴方が「玉露」のエキスパートなら、玉露に関してどんな質問をお客様からされても答えられるはずです。

 

キーワードはそういった意味で、ネット上のお客様があなたに疑問を解いてもらいたいがために、そんなキーワードを打って、悩みを解消しようとしているわけです。

 

ですので、「玉露」の専門家であるあなたは、全身全霊を込めて、そんなお客様の疑問に答えるべきなのです。

 

f:id:sugitacoffee:20181018230114j:plain

自分の書きたい記事でなく、ユーザーの疑問を解消する記事を書く

 

タイトルの最初は複合3語の連続で

 

次に実際のタイトルの付け方です。

 

タイトル付けで、一番SEO効果が高いのは、ロングテールキーワードを連続三つ連ねることです。

 

例えば、「玉露」のGoogleサジェストの上から2番目、「玉露とは 何」(何は、玉露とはと入力すると、3語目に現れるワードです)という、タイトルコンテンツをつくるなら、もろに「玉露とは 何」と入れるのが一番検索上位に上がりやすくなるという事です。

 

ただ、これではあまりに不自然すぎると感じたら、若干助詞などを入れて最低限の体裁は整えます。

 

例えば、「玉露とは、何なのでしょうか?それは~~」とかです。

 

「玉露とは、何」以下に連ねる文字ですが、6文字使っているので、ユーザーの目に触れる文字はヤフー検索を使った場合は残り22文字、Google検索を使っている場合は残り、26文字です。

 

残りのワードはユーザーの目を引くためにあるので、よりクリック確率が増えるように考えて付けるようにします。

 

例えば、玉露に関してユーザーは調べているので、以下の文字は、「玉露とは、何?それは栽培方法にあった。玉露栽培者の詳しい動画解説

 

とかにするわけです。

 

ビックキーワードは最後にもう一度登場させる

 

上のタイトルですが、全部で32文字になっています。

 

Googleで検索する場合は丁度ぴったり、ユーザーの眼にふれる文字数ですが、ヤフー検索した場合は後ろの4文字は切れて見えなくなります。

 

でも、そんなことはあまり気にする必要はありません。

 

別に40文字とか、必要なら50文字くらいまでのタイトルなら、問題ないです。

 

検索ユーザーの目には触れないというだけで、ちゃんとクローラーが拾ってくれるので、もしかしたらユニークユーザーの検索キーワードに引っかかるかもしれないので、気にする必要もないでしょう。

 

ただ、ここでポイントがもう一点あります。

 

それは、「玉露」と言うキーワードをなるべくもう一度登場させるという事です。

 

クローラーに念押しするために、主要キーワードを二重設定しておくわけです。

 

ただ、不自然になる場合は先頭に一回登場させるだけでも構いません。(私はHPタイトルをつける場合は3回は狙ったキーワードを登場させますが…)

 

f:id:sugitacoffee:20181018234005j:plain

タイトル次第で、人目につくかどうかが決る

 

 ブログコンテンツはロングテール3語で作る

 

貴方が「玉露」の専門家なら、こんな感じでGoogleサジェストが抽出したキーワードに答える感じでひたすら記事を量産したら(1000記事位)まず間違いなく、日本一のコンテンツブログが出来上がるでしょう。

 

ただ、そんなニッチな記事を毎日書くことができるのは、心から「玉露」を愛している人だけだと思います。

 

 

今回は、キーワードの抽出方法と、それを使ってのタイトルのつけかたを説明したので、ブログコンテンツの書き方はまた、後日にいたします。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。(^_-)-☆