オウンドメディア事例 ECサイトの構築

オウンドメディア構築を思い立ったが吉日?PC素人が無謀にもネットビジネスに取り組んでいく備忘録

オウンドメディア・WEBマーケティング・中古ドメイン・サテライトサイト・Webライティング・コピーライティング・Webデザイン・フォトショップ・イラストレーター・SEO・モール型EC・ウェルカートEC・ワードプレス(WP)・IP分散・はてなブログ・内部リンク・外部リンク・SNS・YouTube・動画編集・画像処理・LP・メルマガ・リンクベイトページ・セリングページ・アフィリエイト・アクセス解析・キーワード選定・Html

タイトルの付け方のコツ、お宝キーワードを狙え

f:id:sugitacoffee:20181013140907j:plain

HPにせよ、ブログにせよ、ECサイトにせよ、一番最初にする事は、タイトルをつけることです。

 

タイトル設定の解説書は全部間違っている?

 

タイトルの付け方ですが、わたしも数々のサイトを作り、また、解説本を見てきましたが、わたしが至ったタイトル設定の奥義を書いているサイトは一つもありませんでした。

 

まあ、稼げるかどうかはタイトル次第なので、SEOを生業にしている人は誰も教えないでしょうね。

 

私も半分くらいしか書く気ないですし。w

 

分る人は、わかるんです。

 

ただ、わかっても隠して明かさない。

 

キーワードは一番先頭に書くべし

 

ただまあ、せっかくこんなちんけなブログを見ていただいているので、ちょこっとだけヒントを書きます。

 

それは、上位表示したいページのタイトルは、設定したキーワードは先頭にするという事です。

 

たとえば、「雁金茶」と言うキーワードで一位(上位表示)を目指すなら、タイトルは「雁金茶 ~~~~」にするという事です。

 

それをカッコいいからと言って、「本当に美味しい雁金茶の通販」とかにしたら、賢いGoogleのアルゴリズムは、「本当に」を一番に「美味しい」を二番に単語登録してくれて、三番目にやっとこさ、あなたが上位表示させい「雁金茶」をインプットするからです。

 

Googleは最低10年は日本語を読解する事はありません。

 

なぜなら、英語を代表とする言語は、SVOを基準にしているので文章を読解できますが、日本語は特殊な言語配列と、漢字・ひらがな・カタカナ・音訓・ローマ字がごっちゃ混ぜになっているので、Googleアルゴリズムは基本的に読解することができないのです。

 

ですので、単語しか抽出出来ない、Googleのアルゴリズムに、あなたの言いたいことを伝えるには、先頭にキーワードを入れるしかなのです。

 

このタイトル付けをカッコウするだけで、多分あなたのサイトは、劇的にアクセス数が増えるでしょう。

 

今日はここまでです。

 

お宝キーワード(検索上位に表示できるキーワードの見極め方)は、気が向いたらそのうち書くかもしれません。w