脱毛クリームのメリット

こんにちは。今回は日本で非常に人気が高く、男性も女性も使用している脱毛クリームのメリットについて語らせて頂きます。

まずデメリットを挙げさせて頂くと、脱毛クリームは肌荒れやシミ等の肌のトラブルの原因となる可能性があります。外部医薬品となっており、肌への影響が少ないとはいえ、脱毛クリームが原因となっている事がありますので、その点だけは頭に入れておいて下さい。

では肌への影響が出る、脱毛クリームのメリットを挙げさせて頂きます。

1つ目はズバリ金銭面です。エステや病院で脱毛を行うよりはるかに安い金額で脱毛をする事が出来るのでそこが1番のポイントではないでしょうか。

2つ目は安全面です。レーザー脱毛等の永久脱毛と違い、脱毛クリームではムダ毛が再び生えてきます。しかしながらレーザー脱毛の場合ですと激しい痛みを伴い、しかも2か月後に再びムダ毛が生えてくる事が20パーセントほどあります。1度の脱毛でキレイに出来ないばかりか、肌への影響が強いレーザー脱毛に比べると影響が軽い脱毛クリームの方がはるかに安全です。

3つ目は使用できる部位が多いと言うことです。カミソリを使う場合だと、身体の細かい部分には使用できなくなり、またVゾーン、Oライン、Iラインでは使用する事が難しくなっています。

しかし脱毛クリームを使用すればデリケートな部分でも簡単に脱毛する事が可能となっています。非常にメリットの多い脱毛クリームです。

是非皆様もお使いになってみて下さい。

脱毛クリームは生理中に使っても大丈夫?

脱毛クリームを生理中に使うことがあるかもしれません。生理中は何もしなくても肌トラブルが起こりやすい時期です。

というのも、生理というのは必要なくなった子宮内の組織を外へ排出する作業をしているので、それだけで知らないうちに体に負担がかかっています。

そのため、肌のトラブルがおきやすくなったり、髪の毛が薄くなったような気がしたり、パーマをかける場合はパーマがかかりにくかったり、パーマ液がいつも以上に頭皮にしみたりしやすくなります。

続きはこちら

脱毛クリームは毛を溶かすだけで脱毛できない?

脱毛クリームの成分であるチオグリコール酸カルシウムは、毛を縮れさせ、細くします。

ムダ毛につけることで、ムダ毛を地dじれされ、細くし、抜けやすくする効果があります。ですので、脱毛クリームを塗ると毛がするっと抜けます。

脱毛というのは、毛を抜くことですので、脱毛クリームは脱毛効果があると言えますが、毛は時間が経てばまた生えてきます。

続きはこちら

脱毛クリームは記載されていない部位に使っても大丈夫?

脱毛クリームを使用する際には、必ずその脱毛クリームが使用可能な部位にのみ使いましょう。

たとえば全身用ではなく、足用なのに、わきの下のムダ毛処理に使ってしまうこともあるかもしれません。

もちろん、とくにトラブルがおこらなければ良いのですが、万が一皮膚の炎症などのトラブルが起こる場合があるかもしれません。

続きはこちら

脱毛クリームと除毛クリームの違いは?

脱毛と除毛の違いは、まさに「毛根」にあります。

脱毛クリームは毛根から毛を抜き、除毛はあくまでもそこにある毛を取り除くことですので、毛根はそのまま残します。

ですので、女性にとっては脱毛クリームのほうが強力で、毛根からしっかりとムダ毛を取り除くことができるので、良いように思えるかもしれません。

しかし、市販されている数百〜数千円の脱毛クリームでは、本当に毛根から毛を取り除くことは難しいです。

続きはこちら

脱毛クリームだけではなく抑毛効果のある物を同時に使用した方がいい

脱毛クリームを購入する際、成分の中に抑毛効果のある成分(たとえば大豆イソフラボンなど)が含まれているものを選ぶのも一つの方法です。

脱毛するだけではなく、これから生えてきてしまう毛が成長することを抑制する効果や、毛を薄くする効果がありますので、脱毛クリームに抑毛成分が配合されているかどうかチェックしてみましょう。

続きはこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: